2014年12月11日

SharePoint 検証環境構築 〜Windows Server 2012 R2 その3〜

こんにちは、ソノリテの費です。

SharePoint 検証環境構築が続いています。
今回は Hyper-V を構成した後の、リモート環境 (クライアント PC) から操作出来るようにします。

servermanager_hyperv.png

ポイントは、クライアント PC が参加しているドメインとは異なるドメインへの接続、または、ドメインに参加していないクライアントからの接続になります。


Sonorite Bullet クライアント PC での Hyper-V マネージャーのセットアップ

Windows 8 になって、クライアント Hyper-V が標準機能になったことから、Hyper-V マネージャーも標準となったので、プログラムと機能での Windows の機能の有効化または無効化の設定だけで、簡単に利用可能になります。

windowsfunction_hyperv.png

問題はここからで、幾つかの設定を行っておかないと、Hyper-V のサーバーに接続出来ません。


Sonorite Bullet Windows リモート管理 (WinRM) の信頼されたホスト追加

ドメイン未参加だと NTLM 認証が使われるため、そのための設定追加が必要になります。
PowerShell で以下のようなコマンドを実行します。

Set-Item wsman:\localhost\Client\TrustedHosts <コンピューター名> -Concatenate

なお、設定結果は以下のコマンドで確認が出来ます。

Get-Item wsman:\localhost\Client\TrustedHosts

WinRMTrustedHosts.png


Sonorite Bullet Hyper-V 接続先の資格情報の登録

Hyper-V マネージャーは、ログオン中のユーザーの資格でアクセスするようなので、異なるユーザーでアクセスさせるには、cmdkey コマンドにて接続先に合わせた資格情報の登録が必要になります。
コマンド プロンプトで以下のようなコマンドを実行します。

cmdkey /add:<コンピューター名> /user:<ユーザーアカウント> /pass:<パスワード>

なお、設定結果は以下のコマンドで確認が出来ます。

cmdkey /list:<コンピューター名>

cmdkeylist.png


Sonorite Bullet COM セキュリティのリモート アクセスを匿名許可

最後に、COM セキュリティで、リモート アクセスで匿名許可を設定する必要があります。

「管理ツール」の中の「コンポーネント サービス」を選択して、「コンソール ルート」配下の「コンポーネント サービス」の中の「コンピューター」の「マイ コンピューター」のプロパティを参照します。
「COM セキュリティ」タブの中の「アクセス許可」の「制限の編集」を選択して、「グループ名またはユーザー名」の中の「ANONYMOUS LOGON」を選択して、「リモート アクセス」の「許可」のチェックボックスを選択します。

COMSecurityAccess.png


これで、無事に Hyper-V を使うための環境が整いました。

Hyper-VManager.png

リモートから Hyper-V 接続については、こちらの記事がとても参考になりました!

・Windows Server 2012 > 非ドメイン環境におけるHyper-Vのリモート管理
http://yamanxworld.blogspot.jp/2013/03/windows-server-2012-hyper-v.html


ここから、ようやく仮想マシンで SharePoint 環境を作り始めますが、続きは、また次回ということで・・・


Kokuho Hi (Sonorite / SharePoint Technology Center)

posted by kunitaka at 15:40| Comment(0) | テクニック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: